「化粧水」は、いつ使う?化粧水のベストタイミングや、使う前の準備など。

このページにはPR広告が含まれます。
「化粧水」は、いつ使う?化粧水のベストタイミングや、使う前の準備など。
目次

化粧水は1日2回、朝夜の洗顔後すぐに使う

毎日のスキンケアとして、「朝・夜」の1日2回

化粧水は、朝と夜の「1日2回」が基本

一般的に、朝と夜のスキンケアのタイミングで化粧水を使うことが一般的です。

朝の化粧水の効果

・睡眠中に失った水分を補給する
・肌の水分量を高めて、日中の乾燥や外的刺激から肌を守る
・化粧のりが良くなる、崩れづらくなる

朝の化粧水は、洗顔後の肌の乾燥を防いで、日中の肌を柔らかくしっとりした状態に保ちます。また、肌を保湿することで、肌のバリア機能が強化し、外部刺激から肌を守ります。

朝に化粧水で肌表面を整えることで、化粧のりが良くなり、メイクを美しく仕上げ、持ちを良くする効果もあります。

夜の化粧水の効果

・日中に失った水分を補給する
・肌を柔らかく整え、スキンケアに適した状態に導く
・肌の水分量を高めて、睡眠中の乾燥や刺激から肌を守る

夜の化粧水は、睡眠中の肌の乾燥を防ぎ、肌を健やかに保ちます。また、化粧水で肌を柔らかくすることで、その後に使うコスメに含まれる美容成分が、肌に浸透しやすくなる効果もあります。


化粧水の順番は、「洗顔後、スキンケアの一番はじめ」

化粧水の前に、洗顔で肌を整える

化粧水の前に、「洗顔」で肌を整える

化粧水を使う前に、洗顔やクレンジングでメイクや汚れを落としましょう。これにより、肌の表面に付着した汚れや古い角質を除去され、化粧水が肌へ浸透しやすくなります。

化粧水は、「スキンケアの一番はじめ」に使う

化粧水を使う順番は、「洗顔直後、スキンケアの一番はじめ」が基本です。

基本的なスキンケアの順番

洗顔 → 化粧水 → 美容液やセラム → 乳液やクリーム

スキンケアの一番はじめに、化粧水で肌を柔らかくすることで、その後に使うコスメの美容成分が肌に浸透しやす環境が整えられます。

化粧水の後に使う美容液やセラム、保湿コスメの浸透力や保湿効果を高めるためにも、スキンケアのはじめに、「たっぷりの化粧水」でお肌整えておきましょう。

*スキンケアの順番は、使用するコスメにより異なる場合があります。メーカーの使用方法に従いましょう。

寝起きの肌に「いきなり化粧水」はダメ?

普段、肌は「水分をはじく」ようになっている

お肌の表面は普段、皮脂やコスメの油分で覆われています。

この「油分」は肌の上で薄い膜となり、肌の乾燥を防いだり、雑菌やホコリなどの外的刺激をブロックして、肌を守っています。

化粧水の浸透力を上げるには、「洗顔後」が基本

化粧水の効果を上げるには「使う前の準備」も大切です。

スキンケアをはじめる前に、洗顔で皮脂や汚れを洗い流して、化粧水が浸透しやすいように、肌を整えておきましょう。

寝起きの肌に「いきなり化粧水」はダメ?

出かける予定のない朝は、洗顔をせずにそのまま化粧水をしたくなるかも知れません。

ですが、それでは寝ている間に分泌された皮脂や汗にジャマされて、化粧水の浸透力が落ちてしまいます。

拭き取りタイプの化粧水でも代用はできますが、肌を刺激せずにきちんと肌を整えるなら、やはり化粧水の前は「洗顔で肌を整える」がおすすめです。

朝は、刺激が少ない「ぬるま湯洗顔」がおすすめです。

美肌を育てる「ぬるま湯洗顔」。
美肌を育てる「ぬるま湯洗顔」のやり方。メリットやコツ、注意点など。 正しい「ぬるま湯洗顔」やり方と手順。ぬるま湯だけで汚れをきちんと落とすコツや、おすすめのタイミング、洗顔料との使い分け方など。「ぬるま湯洗顔」をはじめるときに役立つ情報をまとめて紹介します。...

洗顔後は、できるだけ早く「化粧水」をする

洗顔後の肌はデリケート。

洗顔後の肌は、乾燥や雑菌に弱くなっている

洗顔後は、肌表面の皮脂や角質が洗い流されるため、肌のバリア機能が低下し、乾燥や雑菌に弱い状態になっています。

洗顔後の化粧水で、肌バリア回復をサポート

洗顔後は早めに化粧水で肌に水分を補給し、バリア機能の回復をサポートすることが重要です。

洗顔後に適切な保湿ケアを行うことで、肌のバリア機能が速やかに回復し、乾燥や外部刺激から肌を守ることができます。

お風呂上がりも、ドライヤー前に「化粧水」を

シャワーやお風呂の後も、早めの「化粧水」を

洗顔だけではなく、お風呂やシャワーで顔が濡れたときは、できるだけ早く化粧水をしましょう。

肌が濡れた後は、肌を守るうるい成分や油分が流れ落ち、バリア機能が低下しています。乾燥しやすく刺激や雑菌に弱い状態なので、洗顔後はできるだけ早くスキンケアをして、お肌のガード機能を取り戻してあげましょう。

顔のスキンケアは、ドライヤーより前に

お風呂上がりに、顔になにもつけないままドライヤーをしたり、タオルドライや着替えをしていると、その間に肌の乾燥が進行してしまいます。

ドライヤーの熱風による「乾燥」も注意

特にドライヤーは要注意です。ドライヤーの熱風は、風が肌を乾燥させるだけでなく、熱によるダメージも与えます。

洗顔後、バリア機能が低下した肌は、只でさえ乾燥や刺激に弱い状態です。そこへドライヤーの熱風があたると、肌が受けるダメージも大きくなってしまいます。

ドライヤーの前に、肌を保護

お風呂から上がったら、出来るだけ早めに化粧水をつけて肌を保護しましょう。できれば化粧水だけでなく、簡単な保湿まで済ませるのが理想です。

また、髪を乾かすときは、ドライヤーの熱風が直接肌にあたらないように注意しましょう。

ドライヤー中は「化粧水パック」がおすすめ

お風呂上がりのスキンケアなら、ドライヤーの熱風を避けながらスペシャルケアができる「化粧水パック」がおすすめです。

ドライヤー中に、「化粧水マスク」がおすすめの理由

ドライヤーの熱から肌を守れる
ドライヤーと同時のケアで時短になる
パックの効果で美肌に!

お風呂から上がったらすぐに化粧水マスクをして、パックしながらヘアケアやボディケアをしましょう。

パックをしながらドライヤーをすれば、熱風が直接肌にあたるのをブロックしつつ、肌の乾燥も抑えられるので、焦らずにリラックスしながらケアができます。

お風呂上がりは、化粧水パックのベストタイミング

また、入浴後は体温が上がり、水分で肌がほぐれていいます。このタイミングで化粧水パックをすると、より高い保湿効果を得られます。

ドライヤーの熱から肌を守り、同時にスペシャルなケアが出来る「お風呂上がりの化粧水マスク」は、まさに一石二鳥の時短ケアです。

毎日使える「コスパ最高」な化粧水マスク

おすすめ
(2024/07/20 02:20 時点)
口コミ人気・プチプラ・低価格
高浸透ビタミンC誘導体配合。
美白・しみ対策・ニキビ肌ケアできる薬用美白のローションパック。
ウエルシア楽天市場支店
¥1,430 (2024/02/11 11:32時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
コクミンドラッグ 楽天市場店
¥1,430 (2024/02/11 11:31時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
TOP

『化粧水の基本』のシリーズ記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次