きちんとメイク落とせてる?「ミルククレンジング」では落とせないメイクをチェック。メイク残りを防ぐ方法も。

このページにはPR広告が含まれます。
きちんとメイク落とせてる?「ミルククレンジング」では落とせないメイクをチェック。メイク残りを防ぐ方法も。

お肌に優しい「ミルククレンジング」ですが、きちんとメイクが落とせなければ、お肌に悪影響を与えてしまいます。

ミルククレンジングを正しく活用するために、ミルククレンジングだけでは落としづらいメイクの種類や、メイク残りを防ぐ対策などをまとめました。

目次

「ミルク・クレンジング」では落としづらいメイクをチェック

ミルククレンジングは洗浄力がマイルドな分、メイクによっては完全に落とし切れない場合があります。特に以下のようなメイクは、ミルククレンジングだけでは落としづらいので注意しましょう。

「ミルククレンジング」では落としづらいメイク

色の濃いポイントメイク

ウォータープルーフのマスカラやアイライナー
長時間持続するリップティント
濃いアイシャドウ、ラメ、グロス、口紅

強力な日焼け止め

ウォータープルーフの日焼け止め
絶対落ちない・焼かない系

「しっかりカバー系」ベースメイク

リキッドファンデーションやコンシーラーなど

目元・口元・色の濃いポイントメイク

「ミルククレンジング」で落としづらいポイントメイク

ウォータープルーフのマスカラやアイライナー

ウォータープルーフタイプのマスカラやアイライナーは、メイクが特殊なコートで覆わているので、固くて落としづらく、ミルクタイプのクレンジングだけでは十分に落としきれないことがあります。

長時間持続するリップティント

リップティントは色素が唇に強固に付着しており、通常のクレンジングだけでは完全に落としきれないことがあります。

濃いアイシャドウ、ラメ、グロス、口紅

濃い色のアイシャドウや、ラメ、グロス、口紅などは、肌の上で伸びやすく、テクスチャも重たいので、ミルククレンジングだけでは落としづらい場合があります。

ポイントメイクのクレンジングは、専用リムーバーがおすすめ

ポイントメイクリムーバーで効率ケア

落としづらいポイントメイクをミルククレンジングで落とそうとすると、メイクが肌に残ったり、無理やり落とそうとして、肌をこすって負担を与えてしまいます。

これらのメイクは、「専用のポイントメイク・リムーバー」で落としておくと効率的なケアが出来ます。

ポイントメイクリムーバーを使うメリット

メイクを2度に分けて落とすのは手間に感じるかもしれませんが、落ちにくいメイクを苦労して落とすより、ポイントメイクリムーバーでサッと落としたほうが、時間や手間だけでなく、お肌に与えるダメージも減らせます。

おすすめのポイントメイクリムーバー

おすすめ
(2024/04/24 10:22 時点)
水性と油性の二層タイプ。ウォータープルーフマスカラや色持ちのよい口紅などの落ちにくいポイントメークも、すばやくしっかりふき取れます。まつ毛エクステ対応。

「ウォータープルーフ・絶対落ちない系」の日焼け止め下地

絶対落ちない系の日焼け止め・UV下地

ウォータープルーフタイプの日焼け止めやUV下地は、通常のクレンジングだけでは十分に落としきれない場合があります。

日焼け止めが肌に残ったままになると、毛穴をつまらせたり、肌荒れの原因になってしまいます。

専用のクレンジングできちんと落とす

レジャー等で「絶対に落ちない系」の強力な日焼け止めを使ったときは、いつもより洗浄力が強めのクレンジングを使ったり、専用のリムーバーを用いて、その日のうちにしっかりオフすることが大切です。

メーカーの使用説明を確認して、適切な方法で落としましょう。

リキッドやコンシーラーなど「しっかりカバー系」ベースメイク

リキッドファンデーションやコンシーラーなど、「しっかりカバー系」のベースメイクも、ミルククレンジングとは相性の悪いメイクです。

リキッドファンデーションやコンシーラーなど

カバー力の高いファンデーションやコンシーラーは、含まれる油分が多く、こってりと肌に密着しているので、マイルドなミルククレンジングでは落としにくい場合があります。

クレンジング力の不足により、ベースメイクが肌に残に残ると、様々な悪影響があります。

ベースメイクが肌に残る悪影響

毛穴の詰まりや肌荒れをひきおこす
肌が乾燥する
肌のターンオーバーが乱れる

肌にベースメイクが残っていると、肌の通気性が悪くなり、ニキビや肌荒れ、毛穴つまりの原因となる可能性があります。

化粧水や美容液の浸透が悪くなる
スキンケアの効果が下がる

肌に残ったメイクが残っていると、コスメの有効成分が肌に浸透するのをジャマしてしまいます。スキンケアの効果が下がり、肌が乾燥したり、ゴワつきを感じやすくなります。

「ベースメイクがしっかり派」なら、
コールドクリーム・クレンジングがおすすめ

ベースメイクがしっかり派のクレンジングなら、ミルクと並んでお肌に優しい「コールドクリーム・クレンジング」がおすすめです。

コールドクリーム・クレンジングの特徴

ミルクよりもクレンジング力が高い。
リキッドファンデーションやコンシーラーも落とせる。

コールドクリームはミルククレンジングと比べて油分の割合が多く、マイルドながら優れたクレンジング力が特徴です。

コールドクリーム・クレンジングはこんな人におすすめ

しっかりカバーメイク派
オイリー肌・敏感肌・全ての肌タイプ
乾燥肌・年齢肌・シワや乾燥が気になる・潤い不足の肌。

ミルククレンジングでは、きちんとメイクが落とせているか不安
しっかりメイクでも肌に優しいクレンジングがしたい

おすすめのコールドクリームクレンジング

おすすめ
(2024/04/23 19:01 時点)
美容クリームうまれのコールドクリーム。メイク落とし + マッサージ + スキンケアがこれ1つで。
クリームの40%は、美容エッセンス(肌を整える成分) 
無香料・無着色・ダブル洗顔推奨・乾いた手

毎日のクレンジングは、「洗浄力」よりも「優しさ」重視で。

毎日行うクレンジングは、「なんでも落とせる洗浄力」よりも、「優しさ重視」で選ぶことが大切です。肌にやさしくメイクを落とせる「ミルククレンジング」は、美肌を育むために欠かせない存在です。

お肌に優しいクレンジングの習慣を心がけて、「美しく強い肌」を育みましょう。

価格別に厳選!おすすめミルククレンジング

お手頃
(2024/04/23 19:01 時点)

あわせて読みたい
プチプラから殿堂入りまで。価格帯別・おすすめのミルククレンジング おすすめのミルククレンジングを価格別に紹介 低価格でコスパ良好なミルククレンジングから、殿堂入りの定番まで。価格帯ごとに選りすぐったおすすめミルククレンジングをご紹介します。 コンセプト...
TOP

『ミルククレンジング』のシリーズ記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次