キュレル 皮脂トラブルケア 保湿ジェル

このページにはPR広告が含まれます。
item
(2024/07/20 03:48 時点)

過剰な皮脂で不安定なニキビ肌・ベタつきが気になる夏の保湿に。
乳液よりも軽い"ジェルタイプ"の保湿コスメ。
敏感肌・オイリー肌。気になる皮脂をコントロール。

目次

「キュレル」とは?

kao花王の「キュレル Curel」は、花王が展開するスキンケアブランドの一つで、不安定でトラブルが絶えない「敏感肌・乾燥肌・アトピー肌・皮脂性肌」といったお悩み肌向けの商品を販売しているブランドです。

「肌本来のバリア機能を高めて、肌を安定させる」ことに着目したラインナップは、日本を中心にアジア地域で広く展開されており、その信頼性と効果から、多くのユーザーから支持さるだけでなく、皮膚科医師からも高い評価が寄せられています。

キュレルのおすすめポイント

肌本来のバリア機能を強化するコンセプト
敏感肌用のスキンケアとして高い評価と実績

「何をしてもだめ」と感じたときこそ頼れる
「トラブル肌の救世主」と言えるようなブランド

日本を代表する「kao」の敏感肌用スキンケア
高品質なのにお手頃価格なラインナップ

ニキビが絶えないオイリー肌や不安定な敏感肌は、肌のバリア機能が乱れがちです。そんな、「何をしてもだめ」と感じたときこそおすすめしたいのが、「キュレル」の敏感肌用コスメです。

「キュレル 皮脂トラブルケア 保湿ジェル」の特徴

過剰な皮脂で不安定なニキビ肌や、ベタつきが気になる夏の肌の保湿に。肌のバリア機能に欠かせないセラミドの働きをサポートしながら、皮脂による肌荒れを防ぎます。

乳液よりもさらに軽い「ジエルタイプ」の保湿

乳液よりもさらに軽い「ノンオイリー処方のジェル」で、サッパリとした使い心地が特徴。普通の乳液やクリームが重たく感じる人や、ベタつく夏の肌の保湿ケアに向いています。

気になる皮脂をコントロール

過剰な皮脂をコントロール過剰な皮脂のベタつきを抑制する成分(基剤)を配合。潤いを与えながら、気になる皮脂にもアプローチ。

肌バリア機能を強化

セラミドケアで乱れた肌のバリア機能をサポート。お肌がもつ水分保持力を高めてインナードライを改善し、うるおい肌へ。

トラブルを小さく抑える「抗炎症」効果

トラブルが大きくなる前に。トラブルを小さいうちに落ち着かせる消炎剤(有効成分:アラントイン)配合で、にきび・肌荒れを防ぎながら、お肌のバリア機能をサポートします。

有効成分「アラントイン」とは?

有効成分「アラントイン」とは、やけど、湿疹、皮膚炎、口内炎、にきび、痔疾患の「ぬり薬」にも配合されている成分で、傷んだ皮膚や粘膜の修復を促し、抗炎症作用を持ちます。

低刺激で安全性が高く、アレルギー反応も起きにくいため、オイリー肌なのに敏感肌のニキビケアに向いた成分です。

キュレルの保湿ジェル・こんな人におすすめ

オイリーなのに敏感肌
ベトつきが気になる夏の肌
普通の乳液やクリームが重たく感じる
毛穴に皮脂が詰まりやすい
皮脂が気になる男性にも

キュレルの保湿ジェルは保湿力が弱めなので、過剰な皮脂やベトつきが気になるタイプや、夏の保湿としておすすめです。

口コミの傾向

「キュレル 皮脂トラブルケア 保湿ジェル」の、口コミの傾向をまとめした。(参考:Amazonレビュー)

皮脂性・オイリー肌に最適

「脂性肌でリピートしていますが、明らかに顔の油を抑えてくれています。」

「脂性肌でニキビができやすいが、このジェルは優しいのに皮脂コントロールが出来てる気がする。」

「2年間使ってます。皮脂腺が詰まりやすい肌ですが、このジェルは毛穴に詰まらない。手放せません。」

乳液が苦手な人・夏のベトつきに

「乳液のテカる感じが苦手でしたが、このジェルはさっぱりするのにちゃんと保湿できる。使い心地も良い。保湿のベタつきが苦手な人におすすめです。」

「軽い付け心地で、夏でも重さが気にならない。乳液が苦手・肌荒れしやすいオイリー肌なら試してみる価値あり。」

「乳液のベタつきが苦手でしたが、これはベタつかず保湿力も高い。」

「乳液がベトつくタイプなので購入。これのあとに下地を使えば、夕方まで乾燥しないしギトギトになりません。」

「今までの保湿は鼻やおでこが重たく感じて・・。これはさっぱりして使いやすく、鼻やおでこも重さが気にならなくなった。」

男性の保湿にも

「男性で脂性肌。化粧水とこのジェルだけでベタつかず1日中保湿される。ニキビに効いているかはわからないけど、色々つけていた頃より肌荒れがマシなので続ける予定です。」

「アトピー性皮膚炎で、キュレルを愛用。シェービング後に使っていますが、べとつかずしっとりします。夏でも冬でも一年中使えます。」

使用感

「ジェルにありがちなモロモロが出てこないのが良い。」

「美容皮膚科医が肌荒れにおすすめしてたので購入してみました。化粧水とセットで使うと良いみたいです。続けてみます。」

(参考:Amazonレビュー)

キュレルの保湿ジェル・使い方のポイント

基本的な使い方

化粧水の後にお使いください。てのひらに適量(ポンプ3〜4押し分)をとり、顔全体にやさしくなじませます。

化粧水とセット使用がおすすめ。

キュレルの保湿ジェルは、単体よりも化粧水とセットで使用することで保湿やスキンケア効果が高まるので、化粧水とのセット使用がおすすめです。

乾燥が気になる部分は重ね付けも

キュレルの保湿ジェルは、ノンオイリー処方なので保湿力が弱めです。オイリー肌タイプであっても、季節によって乾燥が気になる場合は、他の乳液に切り替えたり、保湿の重ね付けがおすすめです。

キュレルを試すなら「トライアルキット」を活用しよう

キュレルには、低価格で気になるコスメを試せる「トライアルキット」が用意されています。たっぷり20日間分のコスメがセットになり、実際の使用感を比較しながら、自分の肌に合うタイプを選べます。

お得なトライアルキット

おすすめ
(2024/07/20 02:20 時点)
「セラミドケア」と「皮脂対策」で、ベタつき・肌荒れを防ぎ、なめらかな潤い肌に保ちます。
化粧水と保湿ジェルのミニセット。

製品情報

乾燥だけでなく、過剰な皮脂でも肌荒れをくり返す敏感な肌に。肌の必須成分セラミドの働きを補い、潤いを与えながら過剰な皮脂によるベタつき・肌荒れを防ぐ保湿ジェル。

弱酸性・無香料・無着色・アルコールフリー・ノンオイリー処方

成分
○ベタつきを抑制する成分(基剤)配合。
○潤い成分(セラミド機能成分、ユーカリエキス)配合。
○なじみのよい水ベースで、角層の深部まで潤しながら、表面はさっぱり。ノンオイリー処方。
○にきび・肌荒れを防ぎます。消炎剤(有効成分)配合。(医薬部外品)

弱酸性・無香料・無着色・アルコールフリー・ノンオイリー処方

販売名:Curél保湿ジェルSa 医薬部外品
Made in Japan

TOP

全成分

アラントイン*、精製水、グリセリン、BG、ジメチコン、ユーカリエキス、ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド、長鎖二塩基酸ビス3-メトキシプロピルアミド、10-ヒドロキシウンデカン酸、酸化Zn、ステアロイルメチルタウリンNa、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、アルギニン、パラベン *は「有効成分」無表示は「その他の成分」
※ページ内の商品情報・金額・内容量・成分表記については、予告なく変更されることがあります。最新の情報はメーカーのホームページや商品ラベルにてご確認下さい。
item
(2024/07/20 03:48 時点)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次